JAZZ ME BLUES

アクセスカウンタ

zoom RSS 追憶の1995年、ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバル      その4

<<   作成日時 : 2007/04/13 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


  ニューオリンズはご存知のようにジャズは勿論のこと、リズム&ブルースなど様ざまな音楽を生んだ街だ。日本に入ってくる流行音楽の情報は、ほとんどがロスやニューヨークといったエンタテイメントの情報が集積する都市からやってくる。でも現実の米国の音楽は必ずしもそれと一致しない。ニューオリンズに行くとその事が良くわかる。音楽の本質についても・・・。
 滞在中にこんな事があった。ニューオリンズはカリブ海に面した港町であることはご承知のとおり、世界の様ざまな文化が集まっている。タイ料理の店があっても不思議ではない。トムヤムクンを目当てにその店に入った。2階建てのその店の2階には板の間で直に座って料理を楽しむスペースもある。ライブも行われるらしくアコーディオンを持った男3人組が現れ演奏の段取りを始めた。どうやらミュゼット(パリの街角音楽)をやるらしい。そこに今度は、もみ上げの長いスペイン風の男が2人で現れた。で、ミュゼットの連中となにやら話している。“今日は俺たちがやる日だ”とお互いに譲らない様子がわかった。そのうちに話がまとまり、どうやら一緒にやろうかということになったらしい。
 整理すると、ニューオリンズにあるタイ料理の店でやるライブがパリのミュゼットであり片やジプシー・フラメンコということになる。これこそが、ニューオリンズから様ざまな音楽を生んできた一つの図式なのだ。フランス領(スペイン領だった時期もある)だったルイジアナ州にアフリカから連れて来られた黒人奴隷、リズムの宝庫カリブ海の島々、南米の文化などがこの港町でガンボ状態(ニューオリンズの煮込み料理)になってジャズやリズム&ブルースが生まれたというのもごく自然のことである。ロスやニューヨークのギミックな流行音楽とは関係なく、ニューオリンズでは今も毎日のように様ざまなルーツ・ミュージックが鍋の中でグツグツと煮詰められ新しい味が生み出されようとしている。

画像

掲載の写真は、ジャズフェスの会場光景

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライブ情報
2017年8月のスケジュール
8月6日(日)19:00〜
◇佐野碧LIVE「再生」◇
10/1に2nd アルバム「NAMIDA」の発売が決定した佐野碧のリリース直前ワンマンライブ!!
【出演】佐野 碧 ヴォーカル
前売り 3,000円(別途ドリンク代)
予約受付中!
会場 :ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
8月11日(金)〜15日(火)
◇「夏季・休店」◇
>急用の方は022-398-6088 まで
ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
8月18日(金)19:30〜
NNB TOHOKU JAZZ LIVE TOUR 2017 in SUMMER
【出演】Tp 中西暁子、Sax 名雪祥代、Sax 福本陽子、Pf 福井アミ、Bass 日影修、Dr 岡部朋幸
料金:前売り3,500円(1ドリンク付)
会場 :ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
8月26日(土)開場18:30〜、開演19:00〜
桑原あい ソロピアノツアー2017
【出演】桑原 あい)
前売り4,000円(別途ドリンク代)
会場 :ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
8月27日(日)2回公演 @14:00〜、A17:00〜
HAPPY ANIMAL CHARITY CONCERT
ハッピーアニマルのためのチャリティコンサート Vol.3
【出演】piano 宮堀幹枝、宮堀諒美、芳川真理、violon 小澤牧子、cello 中舘真生、saxophone 古溝徹、marimba 山本郁子
料金:2,500円(1ドリンク付)
会場 :ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
追憶の1995年、ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバル      その4 JAZZ ME BLUES /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる