JAZZ ME BLUES

アクセスカウンタ

zoom RSS 追憶の1995年、ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバル    その6

<<   作成日時 : 2007/04/16 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   ニューオリンズには「WWOZ」というFMラジオ局がある。いろいろな音楽ジャンルをカヴァーするラジオ局で地元の支持も厚い。ジャズ・フェス開催中は会場内に「WWOZ・ステージ」も設けられる。滞在中、このラジオ局を訪問するチャンスに恵まれた。私自身も仙台のFM局で長い間番組に携わっているので興味津々で出かけた。まず、驚くことはそのシンプルさ。2階建ての建物の1階には、受付兼事務の女性が一人、2階がスタジオになっているが、そこにはオンエアー中のDJが一人で番組を切り盛りしているだけ。別の場所に事務運営を行っているオフィスがあるらしいが、そこだって多分4〜5人程度のスタッフが居るくらいだろう。これで成立つのが米国のFM局事情なのである。(日本と違い「番組」ごとのスポンサー収入という形ではなく、局に対するのスポンサー収入の形で成り立っている)

画像


   ご覧のとおりである。DJが一人で、周りに囲まれたライブラリーから音源を取り出し(合理的にジャンルごとに色分けした棚に分類されている)、外部から電話がかかってくると赤いランプが点滅するので、曲がかかっている間に自分が出る。CMソースの素材(8トラック)も自分で時間が来るとセットする。とにかく全て一人で行う。仙台のFM局というと、日本中どこも同じだと思うが、制作・編成・営業・事務・・等総勢何十人ものスタッフが従事している。なぜ?・・・・・・。
  写真の右側にいるご人は実は、ERNIE K‐DOE(アーニー・ケードゥ)なる人物である。ファッツ・ドミノと並んでニューオリンズのR&Bシーンを支えてきた大人物である。彼の数多くあるヒットでその代表曲といえば「MOTHER IN LAW(マザー・イン・ロウ)」であろう。ニール・セダカとバリー・マンのコンビがこの曲をもじった曲をヒットさせたりしていますが、面白いのが大瀧詠一1975年のアルバム「ナイアガラ・ムーン」に収められている「楽しい夜更かし」。これもまたこの曲をもじって作られた1曲である。本人の説明にもそう書いてある。

画像


  大瀧さんのこの曲の歌詞は最高!たまらない。
♪気の合う仲間集まりゃ、すぐに始まる麻雀。一荘二荘やめられない止まらない、楽しい夜更かし 明日は休み。
♪午前0時は宵の口、開けて広いワニの口、真夜中のディスクジョッキー、特集はクレージーキャッツ、楽しい夜更かし 明日は休み。
♪午前3時は宵の喉、過ぎれば眠いの忘れる、外じゃニワトリ コケコッコー、新聞少年 朝刊太郎、楽しい夜更かし 明日は休む
 東京で過ごした大学時代、同じ郷里の友達とよく集まって楽しんだ麻雀を思い出す。
  付け加えておきますが、このアルバム「ナイアガラ・ムーン」は実にすばらしいアルバムだ。R&Bのみならず、ロックンロール、セカンドライン、ルンバにメレンゲにチャチャチャ、ドゥ・ワップなど実に様々な音楽(リズム)が取り上げられている。細野晴臣さんしかり、久保田麻琴さんしかり、この時代からこういった音楽に着目していたことが何よりも尊敬に値する。
  
  話は思わぬ方向へ脱線してしまいましたが、こんな風にここ「WWOZ」にはいろいろなミュージシャンがやってくるらしい。滞在中「ティピティーナス」という、生前あのプロフェッサー・ロングフェアーのライブの拠点となっていた店で「ロングフェアーズ・ナイト」と称した彼のトリビュート・ライブが行われていた。あまり長時間なので疲れて宿泊先に戻り、何気なくWWOZにダイヤルを回しところ、その模様が生中継されていた。何とすばらしい音楽環境だろう。仙台も何とかならないものか・・・。「定禅寺ジャズ・フェス」の時だけではなく、日常的に音楽を楽しむ環境にならないとこうはならない。音楽って何?音楽に向きあう根本的なスタンスを変えていかなければ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライブ情報
2018年4月のスケジュール
営業日、開店時間
休店日は、毎週火曜日、ライブのない土曜・日曜・祝日です
通常営業は14:00〜21:00
5月11日(金)19:00〜
山田秀俊・弾き語り Solo Live in 仙台
松田聖子等のサポートミュージシャンとして知られる山田秀俊の弾き語り Solo Live
出演:山田秀俊(Vo&pf)
料金:料金:3,500円(1ドリンク付)
会場:ジャズミーブルース
5月12日(土)17:30〜
2018、年度始めライブ
高橋佳生&さとう音楽事務所
出演:高橋佳生(Vo&G)、庄子眞理子(Vo)ほか
料金:3500円、当日4000円※銘酒「雪渡り」&ブランド豚肉「白金豚」のお振舞いあり
【申込み・お問合せ】 さとう音楽事務所 TEL 022-263-3660
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
5月17日(金)19:30〜
後藤 篤 カルテット
2018 ステッキ専門店“ウォーキン”
出演:後藤 篤(tb)、石田幹雄(pf)、岩見経吾(b)、服部正嗣(dr)
料金:3500円(1ドリンク付き)、当日4000円
会場 :ノーバルサロン(ジャズミーブルース))
5月20日(日)19:30〜
KOTEZ & YANCY
北関東・東北ツアー2018
出演:KOTETZ(Vo,Harp)、、YANCY(Vo,pf)
Opennig Act:eBoove & ゆかいな仲間達
料金:3,000円(ドリンク別)、当日3,500
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
追憶の1995年、ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバル    その6 JAZZ ME BLUES /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる