JAZZ ME BLUES

アクセスカウンタ

zoom RSS 漂泊者たち  「漂泊」その2

<<   作成日時 : 2007/07/04 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 外国から見た日本人の印象は?勤勉さは褒め言葉となるが、それが度を越すとマイナスの印象ともなりかねない。その勤勉どころか最近は「お金(ビジネス)だけが目的のゆとりのないお付き合いしか出来ない人種」と見られているらしい。日本人が大切にしてきた「清貧」を尊ぶ思考は何処に行ってしまったのだろう。「清貧」を地で行く漂泊者といえば、古くは鴨長明、良寛に松尾芭蕉、蕪村といった人たちを思い起こす。よく見ると彼らの漂泊のスタイルもまちまちで、鴨長明は田舎の庵での隠遁生活型、良寛も仏門と深くかかわりながらの隠遁生活型。
芭蕉は全国行脚の放浪型。蕪村はなんと街中に住む漂泊者。といった具合に形態に違いがあることに気づく。英語ではワンダリンやホーボー(浮浪者)、ヴァカボンなどの語句があるが、日本のこういった先人のようにきちんとした目的をもった「漂泊」とはちょっと意味が違う。「漂泊」という言葉はやはりヴィム・ベンダースのロード・ムービーの主人公たちにふさわしい言葉のように思う。社会に翻弄されながらも己の行き方を捜し続ける旅といったところだろうか。

 
画像
 
 ロードムービーの話となると止め処もない。音楽も同様である。「漂泊」という言葉ですぐに思い浮かぶのはマーク・ゴールデンバーグの音楽だ。70年代後半はパンク、ニューウェイブ・バンドのクリトーンズで活躍したが、後にソロとなりアルバムを出したり、プロデューサーとして活躍しているミュージシャンだ。80年代サントリー・ローヤルのCFのバックに流れた「剣と女王」(ランボー篇)、「オルフェ」(ガウディ篇)、「漂泊者」(ファーブル篇)は40代以上の方なら必ずや耳にしているはずである。ユニークな画像と音楽。これらの曲が収められている『鞄を持った男』は、アルバム全体が「漂泊」そのものを感じさせてくれる。

 
画像

 もう一枚、こんなアルバムを思い出した。リー・オスカーの「約束の地」という曲が入ったアルバム「リー・オスカー」だ。こちらも同じ時期?資生堂のCFのバックに使われている。リー・オスカーはオランダ生まれのハーモニカ奏者で、アメリカ西海岸に渡りエリック・バートン(元アニマルズ)が作ったファンク・グループ ウォーに参加して一躍有名になった。、その後仙台出身のジャズドラマー古澤良治郎さんとの数々のコラボレーションで日本でも活躍するが、古澤さんとのお付き合いの関係で何度か席を同じくしたことがある。久々思い出したリー・オスカーのこのアルバム、レコード棚から探し出し聞きたい気持ちになってしまった。
 ハーモニカといえば日本を代表するハーモニカ奏者八木のぶおのライブが当店で開催される。(7月21日 19:30〜)。皆さんも是非ハーモニカの郷愁を誘う「漂泊の世界?」を感じて欲しい。
 ロード・ムービーのサントラといったらやはりライ・クーダー抜きには語れない。ライ・クーダーについては次の機会にふれることにしよう。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
7月6日は、お世話様でした。いつもいつもアットホームな雰囲気を演出していただいて、感謝感謝です。

当日来ていたお客様からも暖かいメッセージをたくさん頂きました。
またよろしくお願い致します。

それから、すっかりご無沙汰しておりましたが、今度プライベートでお店に伺いますので、また楽しい音楽談義聞かせてください。7月21日はイオン石巻ショッピングセンター緑の広場 MIKA Sings bossaです。
MIKA
2007/07/08 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライブ情報
2017年11月のスケジュール
11月4日(土)14:00〜
Musica! Jazz-Latino!
“深井克則の生徒たちによる、オムニバス・コンサート”
【出演】深井克則塾生一同&Mr.Deep
料金:2,000円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月7日(火)19:30〜
フラメンコロイド
2017.11 Live Tour
【出演】高橋愛夜 Vocal,Palme、松村哲志 Guitar、あべまこと Vocal,Cajon
料金:前売り3,500 当日4,500円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月10日(金)19:30〜
平野融&ウエキ弦太
メディカル・ストリングス・ライブ!
平野融(カーティス・クリーク・バンド )と植木弦太によるギター・デュオ
【出演】平野融(Gt)、ウエキ弦太(Gt) ゲスト MIKA(Vo)
料金:3,000円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月12日(日)14:30〜
Maki Ito × Shinji Akita
Special Duo Live Tour 2017
【出演】伊東真紀 Vocal 、秋田慎治 Piano
料金:前売り4,000円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月12日(日)19:00〜
〜無限〜
infinito 1
【出演】宮崎 博 ヴァイオリン、吉岡知広 チェロ、相澤やよい ピアノ
料金:2,500円(1ドリンク付)50人限定
問)マーベラス・スタジオ 090-2973-7958(相澤)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月17日(金)19:00〜
柳沢ノブと仲間たち ライブ
【出演】柳沢ノブvocal & guitar、マイク黒宮vocal、エディ高橋vocal、片倉加寿子 piano
料金:料金:4,000円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月18日(土)17:00〜
兵頭佐和子トリオ
東北 Tour 2017!!
【出演】兵頭佐和子 piano、若林美佐 bass、藤井 学 drums
料金:一般 3,800円(1ドリンク付)、学生 2,500円
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月19日(日)15:00〜
「日曜日の朗読会」発表会
リーディングライブ『あらしのよるに』
【演目】きむらゆういち作《あらしのよるに》シリーズ(講談社)より 他
料金:入場無料(ドリンク代500円)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月23日(木・祝)14:00〜
unconditional love 仙台遠征1周年イベント
『La Liaison』(ラ・リエゾン)
【出演】unconditional love (東京)、向江陽子 (東京)、Tae-chu、りょうか
料金:料金3,000円(+ドリンク)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月25日(土)17:30〜
堀下さゆり・CHIDORI quartet スペシャルジョイントライヴ
from hometown in sendai
【出演】堀下さゆり(vo)、CHIDORI quartet
料金:料金:前売り3,500円(+ドリンク)、当日4,000円
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月26日(日)17:30〜
佐田玲子コンサート「夢を持て」<仙台>
【出演】佐田玲子 ゲスト:高橋佳生
料金:4,500円(ドリンク別)
お問合せ・予約:さとう音楽事務所(仙台市青葉区錦町1-10-10)TEL:022-263-3660
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
漂泊者たち  「漂泊」その2 JAZZ ME BLUES /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる