JAZZ ME BLUES

アクセスカウンタ

zoom RSS 「漂泊」番外編 小泉闇雲(こいずみ やみくも) その二

<<   作成日時 : 2007/07/11 18:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

その二
 小泉八雲ことラフカディオ・ハーンはアイルランド人の血を引く人物である。アイルランド人とは大方ケルト民族ということになる。ケルト人はその大昔にはヨーロッパ大陸の広い地域に住んでいたという。スイスの建築物にはその証拠に渦巻状のケルト文様が描かれている。ケルト人にはローマ人に追われ、現在の地の果て?まで追い込まれていった史実がある。追い詰めたローマ人もこの先追いかけてもこんな不毛の地など何の価値も値打ちもないと引き返したそうだ。逃れた先は現在のアイルランド共和国、北アイルランドのほか、現在の英国の中でもスコットランドやウェールズ。ヨーロッパ大陸ではフランスのブルターニュ地方やスペインのガリシア地方。これらの地には、逃げ延びたケルト人たちの文化が今なお色濃く残されている。
 ケルト人は文字を持たない民族といわれている。文字、文章を残すことは情報を残すことになる。外的から身を守るための手段ともといわれている。音楽好きで知られるケルト人=アイルランド人は文字同様に譜面など持たない。いわゆる全てが伝承・口承によるものである。彼らの頭にはきっと暗誦によるレパートリーが何百も記録されているに違いない。
 納得できる光景に出くわしたことがある。東京のあるアイリッシュパブで生演奏が行われていた。そこへ楽器らしきケースを持ったアイルランド人らしき人物が現れた。彼は演奏中にもかかわらず演奏者の肩をたたき“一緒にまざってもいいかい?”と目線を送る。あいづちの了解にケースから木管フルートを取り出し口元へと運んだ。どんな曲が演奏されていようが彼らの頭の中は膨大な数のレパートリーとフレーズが記録されている。あっという間に、初対面とは思えない息の合った演奏が空間を埋め尽くした。
 ケルト人の特徴のもうひとつは、彼らの宗教がドルイド教という自然崇拝であることだ。日本古来からあったあの“八百萬神(やおろずのかみ)”と同様である。木や土の中など自然界のあらゆるところに神が宿っている。アイルランドが「妖精の住む国」といわれるのもこの辺に起因する。そしてアイルランド人の血を引く小泉八雲ことラフカディオ・ハーンが日本の妖怪に興味を持ったこととも合点のゆく話である。
 ある音楽評論家がアイルランド音楽の特集記事の中でこんな乱暴な文章を綴った。“アイルランドと日本は地下水脈で繋がっている”と。膨大な情報が空を飛び交うこのご時世に地下水脈とは非科学的にも思えるが、新らしい情報網のひとつとしてなぜか新鮮に聞こえてくる。この情報化社会にあっても解明、理論付けできないことが山ほどある。
 今年のお正月の新聞の特集対談にこんな話が出てきた。スペイン・バスク地方の人々の口から「アイヌ人」という言葉が出てきたというのだ。お互いが同じ境遇の少数民族であることから何らかの情報が伝わっただけのことかもしれないが、いや、情報源は地下水脈情報網かもしれない。これもまた闇雲に成りかねない話題なのでこのくらいにしておこう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「伊藤の話」(いとうのはなし)温水洋一(ぬくみずよういち、おんすい陽一)加藤夏希(かとうなつき、夏樹...
「伊藤の話」(いとうのはなし)温水洋一(ぬくみずよういち、おんすい陽一)加藤夏希(かとうなつき、夏樹)田丸麻紀(たまるまき、真希、真紀)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000030-nks-movi小泉八雲作品を八戸舞台に映画化  津軽地方を舞... ...続きを見る
映画村
2007/09/10 16:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライブ情報
2017年11月のスケジュール
11月4日(土)14:00〜
Musica! Jazz-Latino!
“深井克則の生徒たちによる、オムニバス・コンサート”
【出演】深井克則塾生一同&Mr.Deep
料金:2,000円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月7日(火)19:30〜
フラメンコロイド
2017.11 Live Tour
【出演】高橋愛夜 Vocal,Palme、松村哲志 Guitar、あべまこと Vocal,Cajon
料金:前売り3,500 当日4,500円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月10日(金)19:30〜
平野融&ウエキ弦太
メディカル・ストリングス・ライブ!
平野融(カーティス・クリーク・バンド )と植木弦太によるギター・デュオ
【出演】平野融(Gt)、ウエキ弦太(Gt) ゲスト MIKA(Vo)
料金:3,000円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月12日(日)14:30〜
Maki Ito × Shinji Akita
Special Duo Live Tour 2017
【出演】伊東真紀 Vocal 、秋田慎治 Piano
料金:前売り4,000円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月12日(日)19:00〜
〜無限〜
infinito 1
【出演】宮崎 博 ヴァイオリン、吉岡知広 チェロ、相澤やよい ピアノ
料金:2,500円(1ドリンク付)50人限定
問)マーベラス・スタジオ 090-2973-7958(相澤)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月17日(金)19:00〜
柳沢ノブと仲間たち ライブ
【出演】柳沢ノブvocal & guitar、マイク黒宮vocal、エディ高橋vocal、片倉加寿子 piano
料金:料金:4,000円(1ドリンク付)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月18日(土)17:00〜
兵頭佐和子トリオ
東北 Tour 2017!!
【出演】兵頭佐和子 piano、若林美佐 bass、藤井 学 drums
料金:一般 3,800円(1ドリンク付)、学生 2,500円
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月19日(日)15:00〜
「日曜日の朗読会」発表会
リーディングライブ『あらしのよるに』
【演目】きむらゆういち作《あらしのよるに》シリーズ(講談社)より 他
料金:入場無料(ドリンク代500円)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月23日(木・祝)14:00〜
unconditional love 仙台遠征1周年イベント
『La Liaison』(ラ・リエゾン)
【出演】unconditional love (東京)、向江陽子 (東京)、Tae-chu、りょうか
料金:料金3,000円(+ドリンク)
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月25日(土)17:30〜
堀下さゆり・CHIDORI quartet スペシャルジョイントライヴ
from hometown in sendai
【出演】堀下さゆり(vo)、CHIDORI quartet
料金:料金:前売り3,500円(+ドリンク)、当日4,000円
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
11月26日(日)17:30〜
佐田玲子コンサート「夢を持て」<仙台>
【出演】佐田玲子 ゲスト:高橋佳生
料金:4,500円(ドリンク別)
お問合せ・予約:さとう音楽事務所(仙台市青葉区錦町1-10-10)TEL:022-263-3660
会場:ノーバルサロン(ジャズミーブルース)
「漂泊」番外編 小泉闇雲(こいずみ やみくも) その二 JAZZ ME BLUES /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる